検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座mamiyaC33編



今回ご紹介するのは、マミヤC33プロフェッショナルです。
レンズ交換可能な6×6判ニ眼レフカメラで、1957年マミヤC型でスタート、このC33は1965年発売の C型シリーズで初めてセルフコッキング機構を搭載したタイプです。ニ眼レフといえば、今ではクラシックカメラであるかのようなイメージも強いですが、このマミヤCシリーズは、なかなか実用性のある現役カメラと言えるのではないでしょうか。一般的にニ眼レフは接写能力が低いのですが、蛇腹による焦点調節によって、標準レンズ(105mm/F3.5)で最短距離58.4cmとかなりの接写ができます。ファインダー交換なども可能と機能面はニ眼レフの中でもトップクラスです。
それでは、みていきましょう。

●1965年発売
●6×6判レンズ交換式ニ眼レフカメラ
●フィルム:120ロールフィルム(12枚撮り)、220ロールフィルム(24枚撮り)
●標準レンズ:セコール105mm/F3.5 上下一体交換可能
●シャッター:セイコーMX セルフコッキング式、B1〜1/500秒
●パララックス補正:ファインダー内表示

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.