検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ニコンS編





ご覧になるにはQuickTimeが必要です


ニコンS

*I型からスタートしたニコンの35ミリレンジファインダー機は、*M型を経てこのS型で本格的に国際市場へデビューしました。
このSシリーズ、「外見はコンタックス、中身はライカ」と評されますが、画面サイズはライカ判よりヨコが2ミリ短い24x34ミリです。
アメリカからの要望で、M型にF(ファースト:高速シャッタ-用)とS(スロ-:低速シャッタ-用)のシンクロ接点を付けたのがこのS型の特徴です。
M型からS型への切替は順を追って行われたようで、製造番号も前後に交錯しています。そのため、Mのマ-クが付いたSなど
多くのバリエ-ションが存在します。シンクロ接点以外は機能上はMと変わりません。実質的に民間に市販されたのがこのS型カメラからです。

*ニコンI型・・・M、Sより画面サイズがヨコ2mm小さい24x32mm(ニッポン判、またはニコン判といわれます)、スプロケットの爪が7つで
 7パーフォレイションで1画面がおくられるため、40枚撮影できるという経済的なサイズでした。
 ところが当時主な輸出国だったアメリカで、一般的なライカ判(24x36mm)用のオ-トメーション機器に対応できないという
 クレ-ムが付き、わずか738台で製造中止になりました。機能はM型と同じです。
 
*ニコンM型・・・I型から画面サイズ24x34mmにし、スプロケットをライカ判と同じ8つ爪に改良したもの。"M"にはライカ判と
 ニコン判の中間(Medium)サイズという意味があるそうです。製造番号の前にもMの文字が彫られています。
 
●発売:1950年12月
●型式:35mmフォ-カルプレ-ンシャッター式距離計連動カメラ
●画面サイズ:24x34mm
●シャッター形式:横走フォーカルプレーン
●シャッター幕:ゴム引き絹羽二重
●シャッター設定:回転式ダイヤル高低速同軸
●シャッタースピード:T・B・1〜1/500秒
●シンクロ接点:F・S
●ファインダー構成:逆ガリレイ式
●ファインダーフレーム:全視野50mm用
●露出計連動:不可
●フィルム巻き上げ:ノブ式
●フィルム巻き戻し:A・Rレバーノブ式
●枚数計:手動復帰
●大きさ(ボディーのみ):136x78x42.5mm
●重さ(50mm/F1.4付)720g

各部の説明


基本操作



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.