検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座Nikon_F2編



ニコンF2は初代ニコンFの後継機にあたり、Fの堅牢なボディと多機能性、操作性はそのまま継承しながらFで培った経験をもとに多くの改良がほどこされている。カメラ本体でもっとも改良が加えられたのはシャッターで、シャッター速度1/2000秒、ストロボ同調速度1/80秒以下を実現した。また1/80〜1/2000秒の間の中間シャッターや、セルフタイマーの機構を利用した2〜10秒の長時間露光といった新機能も追加された。その他にもそれまでのボディ後方よりのシャッターボタンの位置を前方に移動させ、取り外し式だった裏蓋も蝶番による開閉式となった。
F2には様々なバリエーションがあるが、カメラ自体に露出計を持っていないF2アイレベル、TTL露出計を内蔵した交換ファインダー(フォトミックファインダー)を装着したF2フォトミックに大別することができる。このフォトミックファインダーは次々と改良され、フォトミックS、フォトミックSB、フォトミックA、と続きF2フォトミッックASで円熟を迎える。
F2は発売当初こそ「地味なマイナーチェンジ」、「丸みを帯びてきゃしゃに見える」等の評価もあったが、Fシリーズの中で最も完成されたメカニカルシャッター機であることは疑いがない。

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.