検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座Nikon photomic FTN編



ニコンフォトミックFTN

ニコンFが発売されたのは1959年6月のことでしたファインダー視野率100%、つまり
ファインダーでみえる範囲がそのまま写ること。シャッターの耐久性は10万回以上であることなど
主に報道の現場から人気に火がつきました。いろいろな撮影目的に対応する豊富な
交換レンズや付属品も魅力のひとつです

ニコンフォトミックシリーズはシャッタースピードと絞りに完全連動する露出計をファインダーに
内蔵したカメラです。1962年外光式CbS露出計を内蔵したフォトミック発売。
1965年フォトミックの露出計をTTL化したフォトミックT発売。そして平均測光から
中央重点測光にきりかえたニコンフォトミックTNが1967年に発売されました。そしてこれまでは
レンズとファインダー部分との連動をはかるためにレンズの開放F値をファインダーに入力する必要
がありましたがレンズの装着と同時に絞り環を往復させることで半自動的にF値をセットさせること
ができるフォトミックFTN(*写真のモデル)が発売されました。
このことからFTNはベストセラーとなりました。

ニコンのシリアルナンバーの上3桁でだいたいの製造年を知ることができます
(*6785085なら上3桁が678なのでだいたい1967年ごろ作られたものです)
640〜660 '59〜'65年 661〜669 ニコンSで使用のため欠番
670〜706 '66〜'69年 707〜745 '70〜'73年
このように多少のずれはありますがほぼシリアルナンバーと製造年は対応しています
730番台からはニューFと呼ばれるタイプになり、740番台でニュータイプに切り替わります

●発売:1968(昭和43)年10月
●型式:35mm一眼フレックスカメラ
●画面サイズ:24x36mm
●レンズマウント:ニコンFマウント
●ファインダー:フォトミックTNファインダー(交換可)
●露出計:定点式TTL連動露出計内臓(cds)中央重点測光
●シャッタースピード:B、X、1〜1/1000秒
●セルフタイマーあり
●フイルム巻上げ:一作動レバー式、モータードライブ装可
●フイルム巻戻し:クランク式

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.