検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 No.0グラフィック 編



今から100年近く前に発売されたこのカメラは、イーストマンコダックの高級ボックスカメラです。このタイプのカメラの中では当時最小のものでした。

No.0グラフィックはほぼすべての操作をカメラ上部で行います。折り畳み式のファインダー、シャッターレリーズレバー、絞り調節レバー、フィルム巻き上げキー、シャッター巻き上げキーなどがカメラ上部に集められています。そのほかといえばはカメラ前部にレンズをカバーする前蓋がついているくらいで、見るからに「箱」といったかんじです。
このカメラの最大の特徴としてはそのシャッターがあげられるでしょう。これは一枚の長い布に大小4つの大きさのスリットを開けたもので、この4つのスリットと、6つのスプリングテンションのダイヤルを組み合わせることで1/10〜1/500秒までのシャッタースピードを得ることができます。 またニュートン式のファインダーは折り畳み式になっている鏡を45°の角度でセットすると目線とは直角に左方向を撮影することもできます。
使用フィルムは121フィルムですが、これは127フィルムと同寸法です。120フィルム用のスプールを短く切断し(中間を6ミリ程度切りつなぎ合わせます)、127フィルムを巻き付けたものを使用すれば撮影可能です。しかし現在では127フィルムも発売されていないので、撮影するには120フィルムを127フィルムの幅にカットして使用することになるでしょう。

では、使い方を見ていきましょう。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.