検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ビューティLM編



今回は「ビューティLM」というカメラについて紹介しましょう。

ビューティは太陽光機という日本の会社が作っていたカメラです。1951年に「大衆向二眼レフ」というコピーで売り出された「ビューティフレックス」というカメラを最初に、ビューティフレックス2型、3型、ビューティコードなど二眼レフを中心としたカメラづくりをしていた太陽光機ですが、「太陽堂光機が二眼レフ専門と思ったら大間違いです。」というセリフ付きで1955年に初の35ミリカメラ「ビューティ35」を発売し、他にも「ビューティシックス」という6×6判セミ判兼用のスプリングカメラなども製造していました。

1959年、日本で4番目となる連動露出計付きのカメラとして売り出されたのが、今回紹介する「ビューティLM」です。
マミヤエルカ、ミノルタオートワイド、オリンパスオートに継ぐ連動露出計付きカメラとして登場し、当時の広告写真にも「オートエックスポージュアカメラ」と大きく打ち出しています。またレンズはF1.9のレンズを備えており、「明るいF1.9レンズ付き」というのも売りのひとつだったようです。

太陽堂光機は1957年途中から社名を「ビューティカメラ株式会社」と変更したようで、この「ビューティLM」にも、「BEAUTY CAMERA CO. LTD.」の刻印が見られます。 翌年には「ビューティLM2」も発売しましたが、1963年の「ビューティライトマチックSP」を最後にカメラの製造は終了したようです。

では、使い方を見ていきましょう。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.