検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座Box-Tengor編



今回ご紹介するのはドイツのツァイス・イコンから発売されたボックスカメラです。ボックスカメラといえば、『ボックス・テンゴール』といえるほど有名なこのカメラの原型は1920年代初頭に登場しました。最初はゲルツ社が生産していましたが、その後ツァイス・イコン社に統合、第二次世界大戦後の1954年までの33年間にわたって改良を重ねつつ生産販売されてきました。
当時ボックスカメラは入門者向けと言われ、ボール紙や木材、ブリキ片というローコストな材料で作られていた簡易カメラですが、ツァイスではレンズは描写の良いゲルツ・フロンターを採用したり、精密な金属製のボディを持たせたり、となかなかのつくりの良さで好評でした。圧板によってフィルムの平面性を保つ工夫もなされています。(ゲルツ・フロンターというこのレンズですが、凸平、平凹レンズを平面で貼りあわせるというメニスカス・アクロマートです。)


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.