検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座zenza BRONICA S2編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

今回は6×6判中型一眼レフカメラのブロニカS2をご紹介しましょう。
6×6判中型カメラといえばハッセルブラッド、ローライといったメーカーが主力でした。1972年にゼンザブロニカが発表したこのブロニカS2が、国産では最初の6×6判のハイクラスなカメラといえるでしょう。それ以前にゼンザブロニカから発売されていたD型(ブロニカで最初に開発されたカメラ)S型(D型を実用的に)、C型(これはS型の普及版でフィルムマガジンの交換ができないなどマイナーチェンジの機種)の長所を受け継ぎさらに作動性実用性に富んだ機種として登場します。『和製ハッセル』と呼ばれたりもしました。
特徴としてまずあげられるのがクイックリターンミラー。一般の一眼レフのミラーは跳ね上がる方式ですが、ブロニカのミラーは斜め前方に『滑降』するので、6×6判では困難とされてきた超広角レンズや、大口径レンズの使用が可能となりました。そのレンズの面でも大きな特徴を持っています。まず、シャープな切れが魅力のニッコールが使用できること。また交換式二重大型バヨネットマウントで、後のページでまた詳しく紹介しますが、内側にスクリューマウントがついているのでアダプターを介すことにより手持ちのレンズの使用も可能になります。また、120フィルムと220フィルムのマガジンが共用なのでそれぞれの専用マガジンを買う必要がありません。特に220フィルムマガジンは高価ですし、レバーの切換えのみで両方を同じように使用できるのもブロニカS2の良い点の一つでしょう。ファインダーも交換可能と互換性に優れた幅広い機能を持ったカメラです。機械シャッターなので、いつまでも使える、といった利点もあります。

ブロニカS2とアクセサリーのページへ

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.