検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座キャノン110ED編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

1972年にイーストマン・コダックにより開発されたポケット・インスタマチックカメラ(110カメラ)は、13×17mmという小さな画面サイズで35mmサイズにも匹敵するような画質が得られるというので、世界に大きな衝撃を与えました。これは1965年に開発されていた35ミリフィルムに28×28ミリの画像が得られるインスタマチック・カメラを小型化したものです。画面ごとに1個のパーフォレーションを持つフィルムを裏紙とともにプラスチック製のカートリッジに入れカメラへのフィルム装填を簡単にできるように工夫されています。

キャノンもこの新しい画面サイズのカメラの開発に乗り出し、作られたのがこの『キャノン110ED』です。1975年3月に発売されています。 大口径の25mmF2レンズを持っており、本格的な距離計連動式ファインダー、デート機構などがついた110の最高級機と言えます。絞り優先EEを持ち、F2〜16に相当する値をお天気マークで選ぶことができます。シャッターは1/500〜8秒、X接点直結のホットシューがついています。

同じシリーズとしては『110ED』と同時発売で、距離計とデート機構を省略、レンズをF2.7とした『キャノン110E』、またISO400対応でシャッタースピードが1/1000秒までとなった『キャノン110ED20』が1977年に発売されています。

『キャノン110ED』は発売当時34,000円でした。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.