検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座canonflex RM編




昭和37年4月に発売されたキャノンの記念すべき一眼レフ第一作、フレックスR シリーズ最終モデルです。 フレックスR2000の後デザインを改め、巻き上げトリガー式から、操作性に優れた背面巻き上げレバー式に変更し、 シャッターに連動するセレン式露出計が初めて内蔵されました。 「キヤノンフレックス」シリーズには、数々の新技術が導入されました。その1つが「スーパーキヤノマチック」 と呼ばれる完全自動絞り機構です。 この機構はまずフィルムを巻き上げることで、レンズの絞りがプリセット絞り値まで絞り込まれ、 その後シャッターレリ-ズ時にレンズ側の絞りが絞り込まれるというもので、一連の作動を機械的に処理した この機構は当時世界最速と言われました。 マウントにはねじ式からブリーチロック(breech lock)マウントと名付けられた締め付け方式が採用され、 ブリーチロックマウントにより本体とレンズのマウントが直接擦り合うことがなく、マウントの摩耗を防ぐことができ、 その結果、光学的精度を高めることができました。 キヤノンフレックスRM ●発売:昭和37(1962)年 ●型式:35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ ●画面サイズ:24×36mm ●標準レンズ:R58mm /F1.2、R50mm/F1.8 ●内蔵露出計:シャッターダイヤルの回転に連動する絞り値読み取りセレン光電池式露出計を内蔵、 測光連動範囲はISO100の条件でEV6〜17、フィルムの使用感度域はISO10〜800 ●シャッタースピード:2軸式の布幕横走行フォーカルプレーン・1/1000、1/500、1/250、1/125、 1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1秒・B・X(1軸不回転ダイヤル式)セルフタイマー内蔵、 シャッターボタンのロック機構付き ●フラッシュシンクロ:FP、X接点(自動切り替え式、X接点の同調秒時は1/55秒、 ターミナルソケットはボディー側面の直結バヨネット式) ●フィルム装填・給送:裏蓋開閉スプール差し込み式、ボディー埋め込み式のレバーによる120度 ●フィルムカウンター:裏蓋開放に連動して自動復帰の順算式、1.5倍ルーペ付き ●フィルム巻戻し:折り畳み回転クランク式 ●大きさ:145×92×47mm ●重量:680g(ボディー)


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る

・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.