検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座canonflex RP編



キヤノンが最初にてがけた35mmフォーカルプレーンシャッター式
一眼フレックスカメラは昭和34(1959)年の5月に発売された"キヤノンフレックス"でした。
梨地クロームの上大きなペンタプリズムをのせた重量感のあるデザイン
と高性能が売りでした。

翌年の昭和35(1960)年1/2000秒の高速シャッタ-を備えたフレックスR2000と
同時に写真のモデルであるフレックスRPが発売されました。RPは普及モデル
とはいえ十分な性能をもったカメラです。
キヤノンフレックスシリーズの特徴としてRMをのぞき底部トリガー巻上げが
採用されています。

●発売:1960(昭和35)年
●型式:35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ
●画面サイズ:24x36mm
●レンズ交換式
●ファインダー:ペンタプリズム固定アイレベル式
●露出計なし
●シャッタースピード:B、X、1〜1/1000秒
●セルフタイマーあり
●シンクロ接点:FP、X接点自動切替式
●フイルム巻上げ:底部トリガー式
●フイルム巻戻し:クランク式

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.