検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ツァイス・イコンCONTINA2編



ツァイス・イコン社から発売されたコンティナ2は、イコンの持つ35ミリ判の技術と大ヒットしたイコンタシリーズのスプリングカメラの経験を融合させて作られた35ミリ判スプリングカメラです。発表当初はコンティナと呼ばれていましたが、イコンタ35がコンティナ1と改称したのと同時に、コンティナ2と改称されました。
同じタイプのカメラとしてイコンタ35やコンテッサなどのシリーズがありますが、コンティナ2は3年前に発売されたコンテッサ35の普及型として発売されました。
コンテッサ35と同様、フィルム巻き上げ巻き戻し用ノブ、フィルムカウンターなどがボディ底面にあり、ボディ上部は非常にすっきりした印象になっています。また1枚撮影するたびにシャッターチャージが必要な点や、二重撮影防止などもコンテッサ35と同じです。
ただ距離計は連動していないので、距離計目盛りを読みとり前玉の距離数字を指標にあわせて焦点調節を行います。この点は、1951年発売の6×6判スプリングカメラ、メスイコンタと同様になっており、メスイコンタの35ミリ判カメラと捉えることもできるでしょう。

それでは、使い方を見ていきましょう。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.