検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 フォカPF3 編



このカメラはフォカという名前のフランス製のレンジファインダー機です。ライカコピーのひとつとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。
フランスで唯一のライカ型カメラとも言われてますが、単にライカのコピー機に甘んじるのではなく「ライカのような精密小型カメラ、それもフランス独自のものを作りたい」という目標のもとに作られたカメラなのです。

このカメラを製造していたのはフランスのOPL社という会社で、第二次世界大戦の前あたりからフォカの構想が立てられていたようです。しかし戦争が始まり結局フォカが世に出たのは1945年の終戦後でした。この最初に発売されたフォカがフォカPF2(通称ツースター)と呼ばれるもので、フォカシリーズの一番目にあたるモデルです。PFとはPetitFormatのことで、スモールフォーマットつまり35ミリ判であるということを示しています。
フォカシリーズには距離計のないスクリューマウントのものと、28〜135mm間で連動するバヨネットマウントのもの、そしてこのPF3のように50mmにしか連動しないものがあります。

今回とりあげるフォカPF3は、1947年ごろに発売になったモデルで、ボディ前面のネームプレートに☆が3つ並んでいます。これはフォカPF2bisというフォカの代表的なモデルにスローシャッターを取り入れたもので、ネームプレートとスローシャッターを除けば全く同じものと言えます。
レンズは沈胴式の50mmF1.9。シャッタースピードはT、Bと1〜1/1000秒まで。高速シャッターダイヤルがフィルム巻き上げの部を兼ねています。フィルム巻き上げはこのあとのフォカPF3Lというモデルではレバー巻き上げに変わっています。

フォカシリーズのカメラは「ジャリ」という独特なシャッター音がします。操作方法のページで聞くことができますので聞いてみて下さい。

では、使い方を見ていきましょう。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.