検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 ハッセルブラッド1000F 編



1948年、スウェーデンのカメラメーカー、ハッセルブラッドから発売された初のカメラ「ハッセルブラッド1600F」から高速1/1600秒をのぞき1/1000秒までのシャッタースピードとしたものが「ハッセルブラッド1000F」です。1953年に発売されています。

1000FのFはフォーカルプレーンシャッターのFであり、1600Fを開発するにあたり高速の得られないレンズシャッターよりもフォーカルプレーンシャッターを採用しました。しかし当初1/1600秒までとしていた高速シャッターも、モデルチェンジで1/1000秒までとなり、これが今回紹介するハッセルブラッド1000Fとなります。 レンズはイーストマンコダック社からOEM供給されたもので、これは自社でカメラを製造し始める以前からコダックの写真機材を輸入していたことによるものでしょう。標準レンズはエクター80mm/f2.8です。

それでは、使いかたを見ていきましょう。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.