検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座カロ35F2編



1954年に「カロフレックスオートマット」からカメラづくりをスタートしたコーワは、1956年、最初の35mmカメラ「カロワイド」を発売しました。その後「カロワイドF」「カロ35E」と相次いで35mmカメラを発表し、1959年、カロワイドのボディに50mmF2のレンズをつけて発売されたのがこの「カロ35F2」です。

ファインダー内にパララックス補正マーク付きのブライトフレームが入った距離計連動機で、巻き戻しが「カロワイドF」と同じくクランクで行うようになっており、カロワイドFから露出計を取り除いて巻き上げレバーを上部に持ってきたような構造です。
また、このカメラは当時流行していたライトバリュー方式を取り入れています。セイコーシャMXLのシャッターにライトバリュー目盛りを取付け、セットした露光量を変えないで、絞りとシャッタースピードを連動させて変化させるようになっているものです。それに伴い、カメラの背面にはライトバリューダイヤルも見られます。

それでは、使い方を見ていきましょう。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.