検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座KowaSIXシステムカメラ講座


カエルの「ケロちゃんコロちゃん」でおなじみの興和は、1954年の「カロフレックスオートマット」発売以来、25年間にわたってカメラを製造していましたが、1966年に発売された「コーワシックス」が、そのコーワカメラの最後のシリーズとなりました。

この「コーワシックス」は、日本最初の6×6センチ判レンズシャッター一眼レフカメラで、ボディのデザインもシリーズ独特の縦型のボディを採用し、当時としては新鮮な驚きがあったようです。
交換レンズは19mmF4.5フィッシュアイから500mmF8まで10本が用意され、他の同種のカメラに比べても劣らないほど充実していました。レンズの他にも数々のアクセサリーがあり、まさにシステムカメラと呼ぶにふさわしいカメラだったのです。

1972年には、ミラーアップと多重露出の機能を追加した「コーワシックスMM」が発売され、翌1973年には、フィルムバックも交換できるになった「コーワシックス2型」が発売になりました。1974年には、フィルムバック交換をより簡単にした「コーワスーパー66」が発売されましたが、このカメラをもってコーワはカメラの生産を中止しています。

では、コーワシックスシリーズのカメラ、レンズ、アクセサリーの使い方などを見ていきましょう。







カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.