検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ライカIIf型編



ライカIIf型はIIIf型から低速シャッターを省略したモデルで、1951(昭和26)年〜1956年まで 生産されました。 総台数は35,999台。製造番号はNo.451001から始まり、No.822000が最終番号となっています。 アクセサリーシュ-はIIcやIc型同様に簡易型の板バネが2本のネジでとめられたタイプになっています。 ライカIIf型には前期型(No.451001〜No.575000/8,400台)中期型(No.4611001〜No.677500/12,100台) 後期型(No.677501〜No.822000/15,499台)とあります。 それぞれの特徴として、前期型にはブラックシンクロ、中期型にはレッドシンクロ、そして後期型には 最高速度1/1000秒(初期の最高速は1/500秒、シャッター系列も異なる)が取り付けられています。 スローシャッターダイヤルが省略されたボディの前には、代わりに丸い革が貼られています。 これはライツ社がお客の希望によってII型をIII型にバージョンアップできるようにしていたのです。 ライカM1 ●発売年:1951〜1956年 ●型式:35mmフォーカルプレーンカメラ ●レンズ:Lマウントレンズ ●マウント:ライカスクリューマウント ●シャッター:B・1/30、1/40、1/60、1/100、1/200、1/500(前期型) B・1/25、1/50、1/75、1/100、1/200、1/500(中期型) B・1/25、1/50、1/75、1/100、1/200、1/500、1/1000(後期型) ●露出制御:マニュアル ●焦点調節:マニュアル、二重合致式 ●フィルム巻戻し:引き上げノブ式 ●大きさ:136×69×30mm ●重さ:530g

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る

・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.