検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ライカ3G編



ライカG

A型ライカ発売以来、改良を重ね発展してきたバルナック型ライカの最終版となりました。
ファインダーに大きな対物窓と極小の明かり窓をもつブライトフレーム、パララックス自動補正式
となり、50mm用の視野の中に90mm用の視野が四隅を三角形のマークにより表示されています。
それまでのバルナック型ライカに比べてずば抜けた性能を持ちながら、M3型より後に発売され、
さらにM3型からMP型-M2型と追って発売された為に、間に挟まれたこのG型は3年を経ずして製造中止となりました。
スクリューマウントとバヨネットマウントとの橋渡しの役割をしたともいわれます。
G型には前期と後期があり、後期は高速シャッターダイヤルが暗い場所で見やすい梨地メッキにり巻き上げノブの下部に
巻返ノブと同様の段がついています。
 
●発売:1957年3月1日(製造は1960年まで)
●シリアル:No.825001〜988350まで
●型式:35mm距離計連動カメラ
●マウント:スクリューマウント
●画面サイズ:24x36mm
●シャッター形式:フォーカルプレーン
●シャッタースピード:二軸式・倍数系列
 スロースピード:T・1、1/2、1/4、1/8、1/15、1/30秒
 ハイスピード:1/60、1/125、1/250、1/500、1/1000秒
●シンクロ:自動式
●ファインダー構成:二重合致式距離計連動式
●ファインダーフレーム:50mmブライトフレームパララックス自動補正式/90mm視野付き
●フィルム巻き上げ:ノブ式
●フィルム巻き戻し:A・Rレバーノブ式
●フィルムカウンター:順算式
●大きさ(ボディーのみ):145x74.5x36.5mm
●重さ415g
●その他:セルフタイマ-付

各部の説明


基本操作



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.