検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 LeicaflexSL編



1965年にライカ初の一眼レフとした登場したライカフレックスの後継機として1968年に発表されたのが、このライカフレックスSLです。
一番大きな違いはTTL測光方式が採用されたことで、他にも様々な小改良が施されています。本機の測光系はメインミラー中央部を透過した光を更に後方にあるサブミラーにてボディ下部のCdS素子に送り測光するタイプもので、ファインダーからの入射光に影響されにくいと言う利点があります。
AE化に伴いボディには連動カムが設けられたため、旧来のレンズは改造をしないと取り付けられなくなりました。またミラーアップ機構が省略された関係上、今までのスーパーアンギュロンR21mm/f3.4は取り付けらず、新しくスーパーアンギュロンR21mm/f4が開発されました。
本機と同時に発売されたものにライカフレックスSL MOTがあり、これはライカフレックス用のモーターが取り付け可能なモデルとなっています。

それではライカフレックスSLを見ていきましょう。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.