検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座KODAK-MEDALIST編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

今回ご紹介するのは1941年、アメリカのコダック社からでた軍用機、メダリストのI型です。
コダックといえば現在でもそうですがフィルムの一大メーカーとして有名ですが、このメダリストが発売された頃までは、フィルムの消費を促すような大衆機が主な製品でした。1930年代初め頃から、ドイツではライカ、ローライ、コンタックス等が精密な小型カメラを次々に開発し台頭してくるようになり、アメリカのコダック社、グラフレックス社といった2大カメラメーカーも小型化、精密化へと進んでいきました。世界大戦時代ということもあって、カメラも日用品から軍需品として扱われるようになり、そんな時代の中で開発されたのがメダリストや、35mm判ではエクトラといったプロ用高級カメラなのです。

機能としては、ファインダーは一眼式距離計連動で軍用型二重像合致式、パララックス自動補正、620フィルムの自動巻止めとシャッターのセルフコッキング、そしてプロを対象としているといえるカメラバック交換型。裏蓋をはずすと、シートフィルム用、フィルムパック用に付け替えが可能と、多彩な機能を搭載したカメラなのです。
しかしなんといっても、一番の魅力はエクター100mm/F3.5というレンズでしょう。このレンズが使いたいが為に、このメダリストを手にするという人も少なくはありません。大きなダブルヘリコイドで焦点をあわせます。
メダリストは6×9判カメラとしては比較的小型なのですが、重量があり(2ポンド15オンス=1.34kg)軍用機ということもあって、『プロ用重戦車』と異名をとったカメラでもあります。

●6×9判リジッドカメラ
●使用フィルム:620ロールフィルム ●620フィルム編参照
●レンズ:コダック・エクター100mm/F3.5、ダブルヘリコイド式
●シャッター:コダック・スーパーマチック(B・1〜1/400)
●サイズ:H95.3×W136.6×D111.2mm、1.34kg
●1941年発売、イーストマン・コダック社(アメリカ)

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.