検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ペタル編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

このカメラは世界最小カメラとしてギネスブックにも掲載されたという直径約3センチの極小カメラです。1948年、聖ペテロ光学というメーカーから発売された『ペタル』という名前のカメラで、主にアメリカへの輸出向けに作られていたようです。ペタルが収められている小さな桐の箱の中には英語で書かれた取説が入っています。

円型の専用マガジンには直径24ミリのシートフィルムが入っていて、6ミリ径の写真が6コマ、花びらのように一周ならんで写ります。フィルムの詰め替えは35ミリフィルムなどを10円玉を型にして切り取って使用します。ボディの中心よりやや上あたりには12ミリF5.6の固定焦点のレンズがついています。ボディ上には小さな透視式ファインダー、その横にエバーセットのシャッター、このシャッターはボディ前面についているダイヤルによってBとI(1/50秒)の切換えができます。ボディの回りにはコマ送りのリングが付いていて、1から6までの数字が刻まれています。リングを回すことにより本体の下半分と中に入れたマガジンが同時に回転し、次のコマに撮影ができます。

このペタルより後にはさくらペタルという、形が円形から八角形に変わったカメラも発売されています。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.