検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座プラウベル69Wプロシフト編



「プラウベル69Wプロシフト」は、西ドイツのプラウベル社の超広角カメラです。
このカメラの最大の特徴は、6×9センチ判の中判カメラでありながらアオリ撮影が可能であるということでしょう。

建築写真などに不可欠なアオリの表現は、レンズの鏡胴がジャバラになった大判カメラのアオリ機構を利用して行うのが一般的ですが、カメラ自体が大きく重いので三脚なしでの撮影はほぼ不可能でした。 しかしこの69Wプロシフトは、重量1600グラムと手持ちで十分撮影可能な重さであり、グリップの形状も非常に手に馴染むように考えて作られています。ハンディなボディでありながらアオリ撮影ができるという、とても優れたカメラです。

レンズはシュナイダー製、スーパーアンギュロン47ミリF5.6のレンズが組み込まれています。マルチコーティングの4群8枚構成で、イメージサークルは123ミリです。このレンズは、35ミリ判に換算すると21ミリに相当する超広角のレンズです。
アオリ撮影はレンズボードを上方向、または左方向に移動させて行います。左方向には13ミリ、光軸の角度にして15°、上方向には15ミリ、光軸の角度で17.5°までシフトさせることができます。ボディに内蔵されているスポーツファインダーと、取付型の光学式透視ファインダーがこれに連動して動き、視野の補正を行います。

透視ファインダーにはアルバタ式ブライトフレームが入っており、近距離用の補正視野と最大アオリ時の補正視野を示しています。
フィルム巻上げはレバーによる2作動式で、二重撮影防止機構がついています。ロールフィルムホルダーはマミヤプレス用のS字型のものが取り入れられ、フィルム室部分がグリップを兼ねておりこの部分に巻上げレバーとシャッターボタンがつけられています。グリップの握り具合は非常によくできていて、アオリ撮影ができるカメラでありながら手持ちで撮影が可能というこのカメラの特徴を支える部分となっています。

シャッターボタンからケーブルレリーズで接続されているのはコパルの0番シャッターで、ストロボは全シャッター速度に同調します。
実画面寸法は56×83ミリで、120フィルムで8枚、220フィルムで16枚撮影可能です。 また、水準器も縦横両側につけられています。

シュナイダー製の超広角レンズを使用しており、またシフトアオリでレンズのイメージサークルをフルに使うためにどうしても画面の周辺光量の低下が目立ってきますが、これを解消するためにアクセサリーとして「センターフィルター」というものが用意されています。これは画面中央の明るさをセーブすることにより周辺部の明るさとバランスをとるというものです。フィルター径52ミリですが、同型のフィルターを付けてアオリを使用するとフィルタ枠でケラレが起こるので、ケラレをなくすためにフィルター径を77ミリまで広げるアダプターリングAR-1が付属しています。

それでは、使い方を見ていきましょう。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.