検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座RETINA REFLEX S編



今回はドイツ・コダック社から1959〜60年に発売されたレチナレフレックスSを見ていきましょう。
コダック社といえばもともとアメリカのメーカーですが、戦前ドイツのカメラメーカー、ナーゲル社を買収、ドイツ・コダック社を設立します。そこで数々の名機が生まれました。1934年に最初のレチナが前蓋の中にレンズが収まるフォールディングカメラとして登場、続いて1939年より普及版のレチネッテ・シリーズも発売されます。そして1956年にコダックレチナでは初めての一眼レフカメラとして『レチナ・レフレックス』が発売されました。これはCシリーズと呼ばれるレンズの前群のみを交換するタイプで、今回ご紹介しているレチナ・レフレックスSのようにレンズ部すべてを交換するタイプ(Sシリーズ)とは異なっています。(フォールディングカメラのレチナでもこのレンズ交換がCシリーズからSシリーズに移行し、外観の大きな特徴でもあった前蓋が消えることとなりました。)
全群交換のSシリーズになったことで交換レンズのシステムがさらに充実したレフレックスS。交換レンズにはローデンストックやシュナイダー製のものがあります。

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.