検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 Rollei B35編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

昭和41年(1966)のローライ35は大ヒットとなりましたが、世の常として競合他社からより廉価な機種が登場して来ました。
半額近い機種もあるとなっては高級機と普及機の違いはあるものの、ローライも黙っているわけにはいきません。
その様な状況下の昭和44年(1969)、前作のローライ35から各部をスペックダウンしたローライB35が開発されました。

主な違いは
・露出計がCdSからセレン光式となった
・シャッタースピードの下限が1/2から1/30となった
・絞りダイヤルシャッターダイヤルの位置変更
・レンズがテッサー(後期型はクセナー)からトリオターになった

ことが挙げられます。
ただスペックダウンされたとはいえボディが金属からプラスチックになって370gから265gへと100gも軽量化されているので、そう悪いことだらけでもありません。
また露出計に電池が要らなくなったのもポケット機として魅力的です。
それではローライ B35の使い方を見ていきましょう。




NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.