検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ゾルキー6 編



旧ソ連で作られたライカコピー機のうちの一つです。旧ソ連では第二次世界大戦後、国を上げて多くのコピーカメラが生産されました。 その最初が1932年に製造されてから現在まで、ライカ本家の総生産数を超えるほどの数が製造されてきたそうです。フェド、ゾルキー、レニングラードといったライカコピー機の中でも特に初期のフェドやゾルキーは人気があり、コピーの域を超え一つのブランドとして確立されてきている感もあります。

このゾルキー6型には KMZ工場で作られていた「インダスタール50・50mmF3.5」の沈銅式レンズがついています。マウントはライカのLマウント。シャッターはBと1/30〜1/500秒までで、シャッターダイヤルをBにセットし、レリーズボタンを押しながら回して固定することで「T」で撮影することができます。カメラに向かって右側にはM、X接点がついています。

それでは使い方を見ていきましょう。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.