検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座WERRA編



今回はWERRA(ヴェラ)というカメラについて紹介しましょう。

このヴェラというカメラは、旧東ドイツのカール・ツアイス・イエナから発売されたカメラです。ツアイス・イコンではなくレンズメーカーであるはずのカール・ツアイスが製造したというとても珍しいカメラなのですが、1950年代から60年代にかけてのヨーロッパではよく知られたカメラだったようです。

このカメラの最大の特徴は、何といってもそのフィルムの巻き上げの方法でしょう。
ヴェラには巻き上げレバーなどというものがなく、レンズ回りの大きなリングを回してフィルム巻き上げを行います。ボディに使用されているのと同じガタパチアというゴム系の素材を貼ったこのリングを、カメラに向かって時計周りに約60度回すことでフィルムが巻き上げられ、同時にシャッターチャージもされる仕組みになっているのです。このフィルム巻き上げは非常にスムーズで、当時の東ドイツの技術の高さをうかがい知ることができます。
フィルム巻き上げと同時にシャッターチャージも行われるので、二重露光も完全に防止されます。ただし、逆に多重露光は出来ません。

ヴェラのもう一つの特徴として、その独特のデザインがあげられます。
ボタンや突起物を極力排除したそのデザインからは不思議な印象さえ受けます。
ヴェラは1954年ごろから1961年にかけて多くのモデルが発売されたようですが、最初に発売されたヴェラ1に関しては軍艦部にあるのはファインダーのみというシンプルさです。続いて発売された数々のモデルも、露出計がついたりしたもののカメラから受ける印象は一貫してすっきりとしたものです。
ボディに使用されているガタパチアも、発売当初は黒ではなくモスグリーンが使われており、また軍艦部も丸みを帯びたデザインではなくまっ平らなフラットトップで、さらにユニークな姿をしていたことが想像できます。
さらにレンズフードを兼ねたレンズキャップが独特の雰囲気をつくり出していて、様々な点において、他のどのカメラとも違う「ヴェラ」というオリジナリティがあふれるカメラになっています。

では、使い方を見ていきましょう。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.