検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 ミノルタX-1モーター 編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

1976年に発売されたこのカメラは、3年前に発売された当時の最高級機ミノルタX-1にモーターを組み込んだものです。
X-1はミノルタ初、そして現在まで唯一のファインダー交換可能な一眼レフカメラで、交換式ピントグラスなどを備えていました。これらの点はすべてX-1モーターにも引き継がれています。

交換ファインダーの種類には、以下のものがあります。
自動露出EEファインダーS
(AE-Sファインダー)
低輝度時でも応答性のよいシリコンフォトセルを使用した、自動露出制御機能内蔵
プロフェショナルファインダー
(Pファインダー)
ペンタプリズム以外に露出計が内蔵されていないファインダー
ウエストレベルファインダー
(Wファインダー)
ピントグラスを真上から見ることが出来るファインダー。4.7倍のルーペ付き
高倍率ファインダー
(Hファインダー)
ルーペでピントグラスの全視野を6.25倍に拡大でき、接写複写などの性格なピント合わせに使用できます

モーターは連続撮影と一コマ撮影が可能で、連続撮影は4段階に切り替えることができます。巻き戻しも自動で、自動停止されます。
通常の一眼レフのボディにモーター、それに単三電池10本を入れるバッテリーパックを含めるとかなりの重さになり、現在から見るとあまり使いやすいとはいえなさそうですですが、発売当時もかなりの高級機であったことから、生産台数もあまり多くなかったようです。その稀少さのため、現在でも愛好者の間で人気の機種になっています。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.