検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 コニカ3A 編



コニカ3A (3はローマ数字の3です。ネット上文字化けするので数字に置き換えています)
昭和33年製造。コニカ3の改造機。3と比べ、ファインダーがプリズムブロック使用の等倍ファインダーで視野が極めてクリヤーになっています。採光式のブライトフレームはパララックスと同時に画角も自動修正したので「生きているファインダー」と呼ばれました。レンズは48mm/f2が一般的に付いていましたが、当時限界といわれた大口径50mm/f1.8が付いたものもありました。

使い方はコニカ3とほぼ同じなので
今回は、このコニカ3Aの特徴を見ていきます。


コニカ3へ戻る NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.