検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ROLLEIFLEX-ACCESSORY編


ローライキン2

ニ眼レフカメラで120ブローニーフィルムではなく、35mmフィルムの使用を可能にしたローライキンのII型です。ローライコードではVa、Vb型での使用が可能です。(ローライコードVb参照)
他には裏蓋のフィルム圧板が6×6判と24×36判の切換式になているものに装着が可能です。 最初のローライキンが発売されたのは1932年。ニ眼レフカメラで35mm判のシネフィルムを使っての撮影はできないものか、ということで開発されました。当時はまだカラーのブローニーフィルムがなかったため、それでなんとかニ眼レフでのカラー撮影を、という声があったのではないでしょうか。裏蓋をローライキン専用のものと交換して使用する形式でしたが(ローライフレックスV参照)、その後各部のパーツを交換するようになるなど徐々に変化しています。

ROLLEI-ACCESSORY



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.