検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ROLLEI-HISTORY編


ローライコードI

ローライコードシリーズの最初の登場は、あの有名な『金ぴかコード』と呼ばれたローライコード1です。(ボディが革ではなく金属プレートでおおわれていたのです。)ローライフレックス・オリジナル発売の3年後の1933年で、高級機で人気もあったローライフレックスの廉価版普及型として世に出されました。各部の構造が簡略化されているわけですが、廉価版とは言いながらも片手開閉のピントフードやフィルム巻き上げノブ(フレックスではクランクでした)やフォーカシングノブなどカウンター以外の機能がすべて右手だけで操作できるように右サイドに集められていたりと、なかなかの工夫がなされています。レンズは欠点も指摘されていたツァイス・トリオターの75/F4.5です。これはこのコードI型ではF3.8と少し明るくなっています。『金ぴかコード』のコード1型とこのI型の違いといえば、その撮影レンズが明るくなったこと、ボディが黒の革張りになったこと、の二点ぐらいでしょう。この後ローライコードII型がでる前にIa型が発売されますが、これはフィルムを自動巻止めできるという機能が加わったものでコードの人気をさらに高めました。

ROLLEI-HISTORY NEXT
ROLLEICORD-HISTORY>>>>>>
ROLLEICORD-Ia



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.