検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ローライフレックス4×4編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

一般によく知られているローライフレックスよりひとまわり小さい、ベスト判のローライフレックスです。アメリカではベビーフレックスの名で呼ばれています。1932年発売の6×6判ローライフレックスとほぼ同じ構造で、127フィルムで4×4cm判が12枚撮影できます。

1931年の発売当時は、まだ127フィルムに4×4判用の番号がついていませんでした。ローライでは、最初の番号を赤窓に出しカウンターをセットすれば、あとは自動ストップするという機構を採用しています。
レンズはテッサー60mmF3.5またはF2.8。ビューレンズはハイドスコープ60mmF2.8。シャッターはリムセットコンパー、B・T・1〜1/300秒で、シャッターセットとレリーズレバーは同じものを使用するようになっています。ファインダーはスポーツファインダーも付いています。 1933年にはビューレンズにカバーが付き、シャッタースピードと絞り値をカバー上部の窓で確認できるようになりました。
1938年には上下のレンズをダルマカバーに入れたお馴染みの形になります。撮影レンズにはバヨネットがつきました。シャッターはコンパーラピッド、B・1〜1/500秒。 このタイプは「スポーツ・ベビーローライ」とも呼ばれています。

戦後になって生産を再開したローライが再び発売した4×4判についてはこちらにあります。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.