検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ローライフレックスSLX編



1970年に発売されたローライ初の6×6判一眼レフ『ローライフレックスSL66』に続いて、1976年、レンズシャッターを取り入れ、自動露出、自動巻き上げとなった『ローライフレックスSLX』が発売となりました。

SL66がフォーカルプレーンだったのに対し、SLXではハッセルと同じくレンズシャッターを採用、またシャッター速度優先の自動露出機構を新しく備えています。そして、モータードライブを組み込むことにより巻き上げが自動となりました。ローライフレックスSLXはSL66の改良型ではなく、まったくの新製品として登場してきたといえます。

ボディはモータードライブを組み込みながらもコンパクトに設計されており、形もハッセルに代表されるような従来の中型一眼レフとは違い縦長で、どちらかといえばコーワシックスによく似た形です。 レンズはSLX用としてツアイスのライセンスを受けてローライが製作したもので、標準レンズはプラナー80mm/F2.8HFT。他にディスタゴン40mmF4、ゾナー150mmF5.6など数本が用意されています。いずれもマルチコーティングを意味するHFTレンズです。 シャッターはレンズシャッターですが、シャッタースピードダイヤルはボディ横についており、B・30〜1/500秒、ストロボに全速で同調します。レリーズボタンはボディ下に左右2つあり好きな方を使用できます。 TTLメーターをボディに内蔵しているので、ファインダーを交換してもTTL機能は変わりません。受光素子はSPDで中央重点測光。電源は充電式のニッカド電池です。フル充電で1000回の撮影が可能となっています。

ローライフレックスSLXにはシステムカメラとして様々なアクセサリーが用意されています。プリズム式のアイレベルファインダー、ピント合わせに便利なクイックフォーカシングレバー、5種類のピントグラス、電磁レリーズ付きのピストルグリップ、5mと10mの電磁レリーズなど、また接写用のアクセサリーとして20cmまで蛇腹の延びるべローズ、4種類のエクステンションチューブなどもあります。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.