検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ROLLEI-HISTORY編


ローライフレックス3.5F

1959年に登場したローライフレックス3.5Fは2.8F共々、ローライの二眼レフシリーズの完成型といわれている逸機です。
(ローライフレックス2.8F参照)
絞りとシャッタースピードの組み合わせを常に露出が一定になるようにと開発されたのがライトバリュー・システムでしたが(ローライコードV参照)、あまり評判の方は良くなく、絞りとシャッタースピードをそれぞれ任意の数値に設定できる機構へと戻されました。シンクロ接点のMXV切替レバーはレンズ左側へ移っています。レンズ中央両サイドにあるダイヤルは、右が絞り、左がシャッタースピードになっていて、それぞれの数値はビューレンズ上の小窓に並んで表示されます。
機構的な面でローライフレックスは完成した、というわけでこの後には広角レンズや望遠レンズ、とレンズに変化をもたせ、ローライニ眼レフとしてシステムを充実させるといった方向に変わっていきます。

ROLLEI-HISTORY NEXT
ROLLEIFLEX-T

<<ROLLEIFLEX-HISTORY>>
TELE-ROLLEIFLEX



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.